プロフィール

karon

Author:karon
PerfectWorld-完美世界-
名前:牙龍
サーバー:カペラ
職業:妖獣

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

このblogは1%のRF Online Zと89%のPerfectWorldと10%の何かでできています。
PerfectWorld/牙龍(がろん) カペラ鯖/妖獣/エンジェルハート所属 RF Online Z/karon(かろん) 現:RF Online Z/tauras鯖/コラ 旧:RF Online/2鯖/Ater/コラ/IX所属
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RF Online/2006/06/26 聖戦における戦術論2
色々あったんで前回からだいぶ跳んじまったです。
karonです。


前回の続きを・・・

"やまと戦術"というのは、簡単に言えばベラがアク釣ったままCCUに雪崩込んでくる戦術のこと。

この戦術に対してコラのとれる対応を少ない脳味噌で考えてみた。

この戦術で↓で青く塗った部分
20060627174218.jpg


P20、T字、東口の3つが主なポイント。
では、ポイント毎に考えていくと
まず、
①P20
ここにベラが来た場合、ほぼ間違いなくACU狙ってると判断できる。
この場合、コラのとれる選択肢は

a.ベラに倣ってACU攻めのために南下>R17あたりに布陣>ACU攻め
b.BCU狙いで西進
c.CCU防衛

の3つ。a.は最もオーソドックスな対応。ただし、ベラが動いた後の南下の時点で既にベラにコントロールされてる気がしないでもない。また、この戦術においては対応という対応でもないと思う。
b.は防衛の手薄になったBCUを狙うという基本戦術ではあるものの、CCUの防衛が手薄になるため、アクの攻撃を受けやすくなるというデメリットもある。
が、ベラを防衛に帰らせることができるという点ではこの戦術に限り有効な手段かと。
c.は攻めに出てないという点で既に負けているかもしれない。聖戦の勝利とは敵国統制を落とすことで、自国統制を守っていればいいというものではないから。
ベラがP20にいる時点で、すくなくともa.b.どちらかの行動をとっていなければ勝利は望めない。

次に
②T字
P20で押し退きを繰り返していたベラがT字まで後退してきた場合。
ここからが"やまと戦術"のやっかいなところ。
状況によって選択肢が変わってくる。
まず、
②-1 アクが追撃で南口>T字まで侵攻した場合
この場合、まずベラが2択になる。

②-1-a ベラ西口へ
②-1-b ベラ東口へ

②-1-aの場合、ベラにしてみればアクがそのまま追撃してきた場合、自国統制を危険に晒すだけで、リスクしかない時点で論外。
②-1-b ベラ東口へ
"やまと戦術"における最大の目的、アク連れのCCU襲撃の第一段階。
おおよそ、聖戦開始1時間過ぎぐらいから警戒すべきだろう。
2ヶ国攻めを受けたアクが起死回生の一手として、ベラ追撃>T字経由でBCUまたはCCUを狙ってもおかしくないから。
この状況は実はベラにとっても諸刃の剣。ベラが東口に行ったのにアクがT字から西口経由>BCUと動かれた場合、BCU防衛か、単独でACU、またはCCUを落とすの2択を選択しなければならず、仮に防衛を選択した場合、勢いに乗ったアクが攻勢に転じベラのアク攻めがアクのベラ攻めへと状況が覆る可能性もあるから。
ただ、先に述べたように聖戦の勝利が敵国統制を落とすことである以上、攻勢に出る選択肢を選ぶことは間違いではないと思う。
さて、この状況でコラはというと

a.CCU防衛
b.CCUが攻められる前にACU攻め
c.BCU攻め

a.はベラT字の時点でそれが戦術的退却なのか、ただの敗走なのかはあるが、どちらにせよ東口経由でアク連れ>CCUの可能性がある以上、早めの防衛態勢をとる必要があるだろう。
とは言え、アクが攻勢に出ているということは攻守逆転という状況も考えられるので最善の一手とは言えないかもしれないが。
b.はタイミングが全て。
アクベラの動きを即座に掴み、一気にACUを狙えれば十分勝機はある。ただ、やはりある程度CCU残存HPが残ってないと最悪アクベラ2国分の攻撃を受けてACUが減るより早くCCU陥落ということもありうる。が、CUに十分なHPが残っている場合、アクベラ両国に対して、ACUへの転換とACU防衛の2択を迫れるので選択肢としては選ぶ価値はあると思う。
が、アクも対コラ用に防衛は残してあるのでいくらタイミングが良くても苦戦は必至。
c.はタイミングというより一種の賭け。
ベラT字ということはコラの本隊位置にもよるが、状況的に考えてCCUにコラ本隊がいた場合、よーい、どんで移動すればベラがCCUに着くのが先。そうなるとアドバンテージはベラにあり、コラはかなり苦しくなる。さらにアクがそのまま東口経由でCCUに来た場合はほぼ負け決まったと言っても差し支えはなかろう。
が、アクがT字から西口に向かった場合、状況は五分五分ぐらいにはもっていけるだろう。どちらにせよこの場合はアクの風向き次第と言ったところ。

③東口
ベラがT字を超えて東口まで来てしまった場合、
コラは

a.CCU防衛
b.東口のベラを潰す
c.ベラと協調してACU攻め

が選択肢か。
a.は敵国が東口という時点でCCUが狙われるという考えは絶対にはずせないし、アクベラからすればこの状況でCCUがガラ空きだったら、CCU落とそうか?という気になっても仕方がないだろう。
ただ、この場合CCU防衛はベストな判断ではあるものの、アクベラがCCUに来れば、瞬間的な2国攻め状態となり、また守勢であったアクが攻勢に転じられるスキが出来るという点でやはりコラにとっては好ましくない状況と言える。
b.は東口にベラが移動した時点で有無を言わさずベラを潰すという、やられる前にやる考え方。この場合、アクがついて来ていれば東口あたりで混戦となり、うまくいけば3国潰しあいの上、仕切りなおしとなれば、状況を振り出しに戻せる可能性もあるのでコラにとってはここが正念場か?
c.は最も期待の薄い選択。
そもそもベラがアクを引き連れての東口なら、ベラはノンストップでCCUかACUを目指さなければならない状況で、東口付近で状況を確認してから行動していたのでは間に合わないし、たとえベラがACUに行ったとしても後続のアクがCCUに来る可能性も捨てきれないので、仮にc.を選択するとすれば、何らかの手段でベラがACUに向かうことがわかっている場合にのみ、コラベラでのACU攻めとなるだろう。
尤も、その場合においてもb.と同様、アクがCCUに来るという可能性があるので、ベラにとってはリスクが少なくても、コラにとっては死と隣り合わせの選択には違いない。

以上が各ポイント毎のコラの対応。
ただし、これは受身になっている場合をメインでとらえているし、状況によってはこれ以外の選択肢だって有り得るわけだ。
ただ、こうやって考えてみるとどのポイントでもコラに有利な選択肢があるわけじゃない。
この戦術を打ち破るには、

a.圧倒的多数でのゴリ圧しで強引に流れを変える。
b.聖戦開始前からBCU攻めの意思を強調する。

a.は…
正式サービスが始まった頃の人数がいればねぇ
ということで没。
b.はベラに動かれて困るんならベラ動かさなきゃいいじゃんってことで。
じゃ、毎日ベラ攻め?と聞かれたら答えようがないんだけどね。
そもそもCPUを相手にしてるんじゃない。向こうも中には人がいるんだから、いつも同じなわけがない。
それにアクだっているんだし。
でも、何度も同じ轍を踏む前になんとかしないとね。

とまぁ、ここまで延々書いてきて、我ながら文章力の無さに凹むわ。
なんでこんなわかりにくいようにしか書けんかなぁw

さて、そろそろ指揮準備モードに持っていくかな。
(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

個人的には東口で待ち受けがいいとは思う
でも実際その場面ってコラもACU攻めてる事が多くてコラ撤退と同時にアク防衛隊の追撃もあるし東口で待ち受けても分がいいとは言えないね。
ベラ撤退直後にコラも東口向わないと間に合わない訳だけど2国で真っ向からアク攻めて有効な攻撃できない事多いから少しでもACU減らしたいってもあるしのー
結論から言うと自分の勘でいk(ry
【2006/06/28 00:29】 URL | 絃十郎 #/5vwt0Ak [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rfkaron.blog45.fc2.com/tb.php/58-588fff54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。